さらに進化した「夜スープダイエット」が今アツい!その方法・効果とは

さらに進化した「夜スープダイエット」が今アツい!その方法・効果とは

爆発的ブームとなった1週間脂肪燃焼スープダイエットですが、その短所を補いさらに進化させたとまで言われ、現在、検索サイトでも急上昇ワードとして注目されているのが「夜スープダイエット」です。

みんなの関心が集まる「夜スープダイエット」、はたしてその方法とは?そして、気になるその効果とは?どのようなものでしょうか。

夜スープダイエットでの弱点克服と改善点

夕陽をバックに美しい姿勢で立っている女性
1週間スープダイエットは脂肪燃焼スープを中心に7日間分の食事のメニューが決められていて、お肉が食べられる日もあるなど、単純な1品食べ続けダイエットと異なり飽きの来ないスケジュールと、医療現場でも取り入れられたとも言われるほど即効性のあるダイエット方法として、爆発的な人気を博しました。

しかし残念なことに、1週間スープダイエットにも短所があり、人によっては合う合わないがありました。たった7日間で平均-3kg~-8kgという効果は魅力的なのですが、反面「続けられなかった」「リバウンドした」などの声もあります。

1週間スープダイエットの短所は、最初の数日間はスープと野菜・果物が中心で、炭水化物とたんぱく質が不足しがちになる点です。
炭水化物には身体のエネルギーとして体温上昇効果があるので、もともと平熱が低い人は、炭水化物を抜くことで身体も頭もフラフラになってしまい、やむなく断念したというケースもあります。
また、たんぱく質は筋肉をつくるために必要な栄養素で、筋肉には脂肪燃焼効果、基礎代謝を上げる効果があります。たんぱく質が極端に減ってしまうと、消費カロリーが低くなり、太りやすくなる原因になります。

それらのデメリットを克服するために考えられたのが、炭水化物とたんぱく質もとれる、「夜スープダイエット」です。

夜スープダイエットには色々な方法がありますが、以下に代表的な1日の3食の献立を紹介します。

≪朝食≫サラダとフルーツを中心に(ジュースがオススメ)

緑黄色野菜を使ったサラダ
朝起きてお昼までの時間は、身体にとってはまだ消化酵素の働きが活発ではありません。その反面、代謝酵素、つまり身体の悪いもの、不要なものを外に出す酵素の働きが主と言われています。

そのため、朝食には炭水化物・たんぱく質は抑えめの意識をもって、食物繊維の多い野菜類と、ビタミン・酵素を含む果物類が適しています。ただし油分は太る原因になりますので、油は使わないこと。サラダで野菜を取るのも良いですし、スムージーや100%ジュースで野菜とフルーツを摂るのも良いですね。

頭の活動を活発にさせる為にも、すぐに脳の栄養となる糖分をとるにも適しています。なので野菜だけではなくフルーツは取り入れた方が良いです。
一番よくないのは朝食を抜くこと、頭はフラフラになってしまいますし、お昼に暴食してしまう原因にもつながります。

≪昼食≫炭水化物とたんぱく質、つまり好きなものでOK!

畑に育つ稲穂
夜スープダイエットの最大の特徴と言えるのが昼食、つまりランチでは何を食べてもオーケーという点です。

1週間スープダイエットに踏み切れない・続かない人にとって、一番のネックとなっていたのがこの昼食だと思います。仕事をしている人などは、お昼の食事は付き合いというのもありますので、脂肪燃焼スープしか食べられない、というのは大きな障壁と感じていた方がほどんどでしょう。
あからさまにダイエットをしていますというのも、恥ずかしかったり、周りに白い目を向けられそうで怖かったり、と挫折する人も多いと思います。

夜スープダイエットでは、昼食は基本的に何でもフリーです。むしろここで、不足しがちな炭水化物・たんぱく質を補いましょう。つまり、ご飯・パン・パスタに、お肉・お魚ですね。脂肪分・油分を考えると、ご飯がオススメです。昼からは消化酵素も活動していますので、しっかり食べるなら昼食にとるのが一番良いのです。

とはいえ脂っこいもの、糖質・脂質が多いものは控えるべきですが、無理の無い範囲で、バランスの良い食事を心掛ければ、どんなものでも食べる事ができます。
これなら、食事制限によるストレスもそんなに感じないですね。

≪夕食≫脂肪燃焼スープでしっかりダイエット!

野菜とオニオンスープ
作り方は色々ありますが、代表的なものは玉ねぎ3個、トマト3個、セロリ1本、にんじん1本、ピーマン1個、キャベツ1/2玉、を2リットルの水で煮込んだもの。味付けはコンソメキューブ1個と、体を暖める効果のある生姜を1欠片すりおろしたもの(しょうがチューブなら約2cm)です。
材料と味付けを水に入れて、鍋でやわらかくなるまで煮込むだけの簡単レシピで、冷蔵庫に入れれば数日日持ちします。圧力鍋を使って作れば時短にもなって具材もトロトロにやわらかくなる(特に玉ねぎの甘みがグッと引き立ちます)のでオススメです。

同じ味だと食べ飽きると思いますが、様々な調味料を後から加えて、味に変化をもたらせられるのも、シンプルスープの強み。カレー粉、キムチの素、お醤油、お味噌、ブラックペッパー、柚子胡椒、ケチャップ、にんにく、ミルク、中華スープ、などなど、アレンジは無限大です。
低カロリーなレシピなので、満足いくまで食べても安心です。

夕食については、食べる時間に気をつけなければいけません。原則17時~19時には食事が終わるように心がけ、以降の食事も間食も厳禁です。
少なくとも眠る3時間前までには、何も食べないようにしましょう。この睡眠から3時間前までの時間は、ダイエットのデッドラインとも言われ、効果が出ない・リバウンドの大きな原因ですので、心に刻んで強い意志を持ちましょう。

自分のタイプに合わせたスープダイエットを

地面に両手をついて自然を感じている女性
夜スープダイエットと1週間スープダイエット、ふたつのスープダイエットがありますが、それぞれに長所・短所があります。夜スープダイエットは1週間スープダイエットの弱点を克服するものですが、その反面、1週間スープダイエットにあった即効性という点では劣る面もあります。

また、夜スープダイエットには厳密な決まりもありません。続けていくには個人の強い気持ちも少なからず必要ですが、どうしても断れない誘いなどで夕食にスープが食べられない時などは、その次の日から改めて続けるなど、柔軟な進め方も可能です。

効果は徐々に表れますが、夜スープダイエットは期間も決まっていないので、長いスパンで続けることができます。無理なく着実にダイエットを目指していきたいという方にはピッタリと言えます。

1週間スープダイエットで挫折してしまった人でも、次はぜひ「夜スープダイエット」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


酵素ドリンクランキング


おすすめ記事